鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
栗の渋皮煮
急に栗が食べたくなった。特に栗好きと言う訳ではないし、マロンなんちゃらって名前のついたケーキはどちらかと言えば苦手な方なのだが、無性に食べたくなった。

嫁に栗が食いたいと懇願したところ「剥くのがめんどくさい」とけんもホロロの返事、そこでネットで栗の皮を簡単にむく方法が無いのか検索してみる(ネットバンザイ!!)と、幾つかやり方が載っていたので、嫁にその事を告げると、やっと買って来てくれた。

早速、栗のお尻に切れ目を入れてガスコンロで焼いてみると、いきなり「さるカニ合戦」の様に爆ぜてキッチンをマロンペーストだらけにしてしまった。焼け具合もムラが有り味もイマイチ。
次に栗の尖った頭に十文字に切れ目を入れて圧力釜で茹でる方法を試す。ネットではミカンの様に皮が剥けると有るが、これがうまくいった。固い鬼皮が水分を含んで柔らかくなり「みかん」とまではいかないが結構簡単に剥ける。ただやっぱり栗好きでなかったためか、剥きながら2、3個食ったら満足してしまった。買って来た栗があまりいいのではなかったのかもしれない。口の中がもそもそする。

あまった栗で渋皮煮を造ると嫁は始めたが、どうも美味しそうに思えない。やっぱりマロンなんちゃらの甘ったるい感じが好きではない。


そうこうしているうちに出来たのがこれ。。

栗の渋皮煮
結構美味いじゃん!これ・・・でもカロリーは高そうだな!?



 JUGEMテーマ:地域/ローカルJUGEMテーマ:写真JUGEMテーマ:グルメ
10:58 | 地元食材 | comments(3) | trackbacks(0)
大名竹とニンニク
旬の頂き物、ニンニクは町内会長さんより、大名竹はたっこ姉さんよりもらった。


ニンニク
でっかいニンニクで小さく分かれいていない。何て種類でしょう。






大名竹
1に「だいみょう」、2に「こさん」、3に「から」、4に「もうそう」
鹿児島では色んなタケノコを食べるがこの順で美味しいとされている。
孟宗竹のタケノコが一番美味しくない?
確かに大名もこさんも灰汁が無くこうやって焼いただけで食べられる。



大名は2本頂いて一本は「くさんな」とみそ汁に、もう一本は写真の通りそのまま焼いて食べました。焼くと中が蒸し焼きの様になってトウモロコシの様に甘いでが、皮を剥くと小さくなってしまいます。

 JUGEMテーマ:グルメ
15:54 | 地元食材 | comments(0) | trackbacks(0)
梅とビワとジオ
自宅の庭に梅の木が有る。家を建てる前から有った木でそのまま残して家の配置計画をした。樹齢はわからないが幹廻りは1mを越す大きい梅の木で毎年ちゃんと実を付ける。


毎年収穫しては梅酢につけたりしているが、今年は雨やらの影響で収穫できずに居た。木の下にはいっぱい熟した実が落ちている。先週一度綺麗にしたばかりなのにもうこんな状態だ。それでもまだ随分実が付いている。梅雨の貴重な晴れ間、今日を逃したら多分収穫できないだろうとヨメと収穫をした。

収穫と言ってもブルーシートを広げ2mぐらいの棒で実をたたき落とすのだ。丁度寝室の屋根に上がれるのでそこから届く範囲の実をたたく。収穫できるのは全体の1/10にも満たないだろうが我が家ではこれで十分。






ジオと梅2011
良い香りはするんだけどね〜、このまま食べても美味しくない。





梅の収穫2011
これだけ穫れました。これ何すんの〜


梅の実がこれだけ落ちていてもジオは見向きもしません。でも私たちが拾う物だからとりあえずかじってみる。でもやっぱり美味しくないらしい。



ビワ2011
同じ様な形だけどこっちはジオも大好物。
去年から生り出したビワ今年も沢山生りました。




 JUGEMテーマ:ペット
15:08 | 地元食材 | comments(0) | -
そらまめ
ソラマメをもらった。それも結構な量、写真に写っている倍ぐらいの量。でもむいてみると結構量が少なかったりするんだな〜これが!
ソラマメをむくと雲の様な綿毛にくるまっているから、「ソラマメ」って名前だろうと思っていたが、さやが空を向いて生えるかららしい。豆類は基本的に好物なのでもちろんソラマメも好きでこれだけの量があっても多分すぐ食べ終えると思う。






そらまめ
やっぱり塩ゆでが一番!






 JUGEMテーマ:グルメ
16:58 | 地元食材 | comments(4) | -
ハバネロその後
 頂いたハバネロでいろいろ作ってみた。

ハバネロ醤油

左の色の濃いのがハバネロ醤油(醤油にハバネロのみ入れてある)
手前がハバネロ酢(お酢にハバネロとニンニク、生姜)
右奥がハバネロオイル(オリーブオイルにハバネロとニンニク)
一番奥の背の高いのは沖縄で買って来た島トウガラシ入のお酢


作り方はだいたい一緒、ハバネロを半分に切って種ごと漬込むだけ、危険物(?)のためゴム手袋は必修!

一番奥にある島トウガラシで作ったお酢は意外に重宝している。バッタイや餃子には欠かせない薬味になっていて、こちらも結構な辛さでお酢を継ぎ足しながら使っているがそれでも十分に辛い。ただ不思議と辛さが口に残らず何時までも口の中がヒーヒーしているってことが無い。ニンニクと生姜の香りも良い。

さて肝心のハバネロのお味だが、島トウガラシが「通常兵器」だとすると、ハバネロは間違いなく「核兵器」なみの危なさだ。試しに爪楊枝の先にハバネロ醤油をつけて舐めたら火が出そうな辛さだった。マッドサイエンティストが作ってはいけない物を作ってしまった心境になってしまった。

高菜のお漬け物にハバネロ醤油を小さいスプーンで数滴たらすと、からし高菜の出来上がり!って感じです。
08:59 | 地元食材 | comments(4) | -
カリンとジオ
 庭にカリンの木がある。盆栽好きだた父が盆栽に仕立てていた物を地植えにしたら立派な木になってしまた。父は天国から歯がゆい気持ちでいるのだろうとちょっと心配だ。正直カリンは庭木には合わない、枝振りもいい訳ではなく、花も綺麗でもない、木肌も皮が剥げたみたいで、おまけにトゲの様な物がある。ただ昔からカリンと樫とモチの木を植えると「お金を借りん(カリン)で貸す(樫)ぐらいのお金持ち(モチ)になれる。」って言われています。ダジャレですが!!

そんなカリンの木ですがここ数年ちゃんと実を付けます。今年は豊作の様で何時もより沢山なっていた。ただこの実がくせ者で甘くていい香りがするのだがシブくて食えた物じゃない。落ちている実をジオに投げてあげると喜んでもって帰って来るが決してかじろうとはしない。これがおいしいリンゴだったら絶対に持ってこないだろう。

ジオとカリン
カリンで遊ぶジオ、木の枝やプラスチックのおもちゃ何でもかじってしまうくせに流石にこれには敵わない。





カリン2010


でも折角これだけ獲れたのだからなんかに使えないのかな?ちょっとネットで捜してみよっと!
11:49 | 地元食材 | comments(2) | -
ハヤトウリと大小あられ
 ハヤトウリを頂いた。畑で作っているというより裏山にいくらでも生っているそうだ。ウリと言ってもヘチマの様に蔓がのびてそこら中にはびこる。「千生り瓜」と言われるほど繁殖力が強く放っとくと始末に終えない。
外来種で鹿児島に初めて入って来たらしくそれで「ハヤトウリ」と名前がついた様だ。昔から豚肉と一緒に味噌炊きにして食べている。昔は貴重なほんのちょっとの豚肉と一緒にいっぱい煮ていたと母が教えてくれた。ほとんど味がない分豚肉の味がよくしみて大量に採れるハヤトウリは貴重な食材だったのだろう。


ハヤトウリ



ハヤトウリの写真を撮ろうと背景になる布を捜していた。白い実が映える様に色の付いた布は無いか捜していると「大小あられ」の手ぬぐいが目についた。こちらも薩摩藩で昔から使われていた柄らしく「篤姫」でも使われていたらしい、鹿児島つながりで背景にはこれで決まり!

さて後はどうやって食そうかな??
11:09 | 地元食材 | comments(0) | -
ハバネロ
 ハバネロ


ハバネロを頂いた。「ハバネロ要る?」と聞かれて「要る要る!」と気安く返事してしまったが、さてどうしよう?
ためにしネットで調べると「地獄の味」「取り扱い注意」など恐ろしい言葉が列ぶ。
オイルにするかお酢に漬けるか、さすがに直接は食えないだろう。

でもちょっと楽しみ!!
09:49 | 地元食材 | comments(4) | -
収穫
 今年もLakpaHouseのオリーブの木に実がついた。今年は例年になく花芽が多く実を期待していたのだが上手く受粉できなかったのか実付きが悪く収穫できたのは昨年の半分だろうか。
全国的に今年は実付きが悪い様なのでいわゆる裏年なのかもしれない。

オリーブ収穫
粒は大きいのだが、収穫が遅かったのか色がついた物が目立つのと形が歪だ。


昨年と同じ様に灰汁抜きをして塩づけにして食べようと思っている。



JUGEMテーマ:グルメ
13:11 | 地元食材 | comments(0) | -
むかご
JUGEMテーマ:グルメ

 この季節、車の中に傘を常備している。急な雨の為じゃない、無精だから多少の雨では傘はささない。どちらかと言うと天気のいい日、ゴルフの帰りに使う事がが多い。

車を運転しながらふとハート形の葉っぱに目がいく、車を止めて近寄ると山芋のつるにむかごがいっぱい付いている。むかごを取るのに傘と4番アイアンが丁度いい、傘を反対に広げアイアンでたたくいて落ちて来るむかごを受けるのだ。この季節必ず一度は口にすると決めているのがむかごご飯。


むかご

山芋の葉は分かりやす。もう少しすると黄色く紅葉する。山芋を採るにはそれなりの覚悟は必要だ、鹿児島弁でかんしゃくを起す事を「山芋を掘る」と言うぐらいだ。


むかごご飯
むかごの香りがご飯に移る、人によっては苦手な人もいる様だが私はこれが好きだ。
お茶づけにしても美味しい。
写真のご飯は次の日の朝食で食べたもの、炊きたてじゃないからちょっと色が悪いが、それでも美味しい。
12:07 | 地元食材 | comments(4) | -