鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< あさひ食堂 | TOP | オリーブの塩漬け >>
干物
先日、古江漁港のみなと食堂に行ったさいつい買ってしまった新鮮な魚、種類はアジ数匹とミズイカ一杯、後よくわからない体の割には口のデカイ魚。魚の販売はキロ単位で売られているため、小さい魚はすぐビニール袋いっぱいになる。あわててそんなに食べれないとお願いすると、「じゃあ半分ね」と半分にしてくれる。食べ方もよくわからない魚を1kgも買う勇気はないし、できれば色んな魚の詰め合わせみたいな物が有れば良いのにと思ってしまった。


※口の大きい魚は「ヒウチダイ」と教えてもらいました。


古江漁港
こちらは選別中の魚、こう言った選別台が10ほど有り、エビはどの台にも沢山いた。よく捕れるのだろう、かき揚げ丼がエビだらけだったのは理解できる。ここでは野菜よりエビの方が単価が安いのでしょう。



さて買って帰った魚は開いて干物にしました。実は私は魚を刺身や塩焼きで食べるより干物の方が好きなのです。もったいないと言われる方もいるかもしれませんが、新鮮なミズイカも開いて一夜干しにしたほうが好きなのだ。だからアジも開いて口の大きい魚も開いて内蔵を取り、口の大きい魚は卵を持っていて卵も一緒に塩水に漬けてから一夜干しに、あとは炙って食卓に出ます。

干物2
干物1

上はミズイカの干物、イカをさばくとき何時もイカスミのパスタが食べたくなるが作った事無いので断念しています。その内挑戦したい。
下は口の大きい魚?の干物、卵が入っていたのと肝も入っていたのだが食べていいのかわからなかったから捨ててしまった。今思えば味見ぐらいすればよかった。
ちなみに皿の上のスダチは我が家の庭で獲れたもの、アゲハの幼虫に食われながらもこの位のが七、八個付きました。
16:00 | おやじ干物部 | comments(0) | -
コメント
コメントする