鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< 猫騒動 | TOP | 歴女と行く奈良京都の旅 その1 >>
池辺陽シンポジウム
イベントの告知です。池辺陽(いけべ・きよし)とゆう建築家をご存じでしょうか?元東京大学生産技術研究所教授であり、内之浦宇宙空間観測所にあるほぼすべての建物を設計した建築家です。私が学生だったころは既に亡くなっていており、その頃はあまり学生の間でも話題に上りませんでした。まあ時代は80年代でポストモダン全盛期、磯崎新がつくばセンタービルを作った時代ですし、ポストモダンに続く新しい建築を求めていた時代でしたもんね。モダニズムを体現する池辺陽どころか丹下さんも話題にしてなかった。今見ると、代々木体育館なんてすごくかっこいいけどね。

でも時代は回るものです。いま改めて池辺さんの住宅を見ると、なんてすばらしい事。


住宅NO38
住宅NO.38、これ1950年代の作品ですよ!



と話が飛びましたが、こんな池辺陽の作品が内之浦にはまだ沢山のこっています。これらは現代建築の歴史的観点から見ても、内之浦地域の資産的価値から見ても大変重要であることは明らかです。そこで今一度、池辺作品の再認識と共有をテーマに建築士会鹿屋肝付支部では「池辺陽シンポジウム」を企画しました。


ポスター

クリックすればPDFファイルがダウンロードできます。




 JUGEMテーマ:地域/ローカルJUGEMテーマ:アート・デザインJUGEMテーマ:住宅
15:06 | イベント | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック