鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< 気分を変えて | TOP | 鹿児島観光その2 >>
鹿児島観光
大学の恩師である相田先生が来鹿したおり、鹿児島大で講演会やら芝浦工大のOBの総会に出席したりと、先生をタイトなスケジュールで動かしてしまったうえ、残り2日間みっちり鹿児島観光に連れ回してしまった。おかげさまで私も知らない鹿児島観光が出来た。

先ずは知覧の武家屋敷、ここは以前社員旅行で来たことがある。先生もアスファルト舗装が少々残念であるが今まで見た武家屋敷の中でもぴか一との評価。



 
知覧武家屋敷
知覧武家屋敷
エントランスのスケール感がいい。今でも使えそうなデザイン。。

 

武家屋敷で食事をした後、知覧の特攻資料館へ、相田先生は硫黄島の戦没者「鎮魂の丘」を設計されており、是非行きたいとの要望で行きました。(本当は鹿屋にお連れしたかったのですが・・・)ここも社員旅行で来ましたが、その時も入館者が多かった。武家屋敷や指宿とセットになって丁度いいのだと思います。知覧も鹿児島市内からすると1時間半程度かかるので、大隅も鹿屋の資料館や高山の麓地区など整備すれば観光客は呼べると思うのですが。。


知覧を後にして指宿にある槙文彦氏設計の岩崎美術館へ、鹿児島では数少ない建築家の作品を見学。お隣熊本に行けば熊本アートポリス関連の建築作品が一日では見きれないほど有るのですが、鹿児島には建築家と言われる人の作品が少ないし分散しているので、建築見学ツアーはなかなか組み難いのです。
 
岩崎美術館
私設の美術館とは思えない。岩崎さんの力をあらためて感じる。


後半へ続く!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:日記・一般
18:09 | 建築 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック