鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< 鹿児島観光 | TOP | 地域素材と建築 >>
鹿児島観光その2
前回からの続きです。

2日目は鹿児島市内の建築を見て廻りました。
先ずは旧鹿児島刑務所、この建物は明治41年、山下啓次郎設計の石造建築です。山下啓次郎はジャズピアニストの山下洋輔の祖父にあたる方で、全国にあった5大監獄を設計した人でもある。詳しくはwiki で調べてください。
残念ながら建物は壊され門だけが残され、鹿児島アリーナの一角に配置してあるが、配置計画も正直疑問が残る。もう少し方法は無かったのだろうか?昭和61年に移設と有るので、時代的にまだ意識が低かったのか、既存の建物の雰囲気を残しつつアリーナを作る方法が有ったと思うのですが・・・

 
鹿児島刑務所
門だけがぽつんと残る。


鹿児島刑務所石門
「貴重な建築物」ってだったら壊すなよ!

 
次に玉里邸、こちらは島津久光が愛した別邸で建物は戦火に焼かれ、茶室のみが残っていますが、管理もされ趣のある庭が魅力的でした。
 
玉里邸
殿様の茶室での茶会、贅沢ですね。。


照国神社の近くに旧考古学資料館とゆう建物が有るのをご存知でしょうか?私も知りませんでしたが明治16年建築とありますから、鹿児島刑務所より更に古い建物です。鹿児島県第一号の有形文化財ですが、今は使われず放置してあります。


 
旧県立博物館考古資料館
石造建築なので今の法規には適合するのは簡単ではないでしょうが、
このまま放っておくのは勿体無い。
レストランや結婚式、何でも出来そうです。
 


最後に石橋公園、私が鹿児島に帰って来た1993年、8.6水害が起きました。鹿児島市内も甚大な被害が出、5石橋の内2つが流失、すったもんだのあげく残った3石橋は公園へと移設されたのは記憶に新しい。

 
石橋公園
写真が少なくてすいません。こちらは西田橋
参勤交代のときとられていた橋でもともと城下門があった。
 
移築されてから初めて行ったのですが、公園としてはなかなか良い公園でした。水辺で子供は遊べるし、変に遊具なども無く、子供も大人も楽しめそうです。やっぱり「すったもんだ」した甲斐は有ったのでしょう。

さて私も鹿児島市内をこれだけ回ったのは初めて、図らずも古い建物をどうするか考えざるおえない観光になりました。流石に時代背景も有り「すぐに壊す」と言うことは行政もしなくなりましたが、ただどう残すかはどこの自治体も頭を抱える問題です。文化財の指定を受ければ壊されずに澄みますが、再利用には障害にもなり得難しい問題です。今回見た明治や江戸時代の物の重要性は理解されやすいのですが、近代建築などの建物はどんどん壊されてしまっています。
時代はスクラップ アンド ビルドからストックの活用へと移行しつつ有り、既存の建物を活用し地域作りに生かして行く事が求められる。建物だけでなく街路樹や自然環境なども含めて地域に活かせる為には、法的な整備や行政の理解、そしてなにより地域の人が「すったもんだ」しなければいけないと思います。
19:06 | 建築 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック