鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< マドリッドカフェ 鹿屋 | TOP | ロードバイク >>
日南文化センター
日南文化会館


宮崎県建築士会が主催した公開講座に出席した。あの藤森照信さんが、あの日南文化センターで、あの丹下健三を語ると言う絶対面白いであろう講演会、実際、丹下さんの人柄、作品に込めた思い、そして藤森さんの作品。どの話も面白内容だった。
 
藤森さん公開講座
丹下さんは女好きだったけど、住宅にはほとんど興味がなかったらしい。
海が見えないと嫌で、わざわざその為展望台を付けたとか、結構人間臭い面が有った。

丹下健三の住宅作品で有名なものに自邸が唯一有るが、その他にも「ミースのファンソワース邸」の用な作品が有った様だ。講義の中でも出て来たが、よくよく考えたら九州にある丹下さんの作品って実はすごく少ない。この日南文化センターと福岡に1つ有るだけらしい。
 
今回は少し強い雨で残念ながら写真が撮れなかったが(最初の写真は前回のもの)今回ホールの段幕を見る機会が有った。この段幕も篠田桃紅さんの作品。今は「一〇三才になってわかった事」の作者と言った方がわかりやすいかもしれない方の作品が、この横断幕とエントランス正面のレリーフである。
 
篠田桃紅の段幕
こちらは横断幕、すいませんレリーフの写真撮り忘れた。
 
前回ここを管理されている方に「段幕とレリーフだけでも相当価値がありますよ。」って話していたら「じゃあそれ売れば解体費用出ますね。」なんて冗談にもならない話をされてましたが、この作品も都城の市民会館も残せなかったら日本の建築業界の存在意味が問われると思います。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:旅行
12:05 | 建築 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック