鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< かつ満佐のトンカツ | TOP | こうしてコケた!ツール・ド・おおすみ >>
AIRBNBと博多ラーメン
福岡に急な出張、先方と話して次の日に伺う事になったからだ。とりあえず仕事の準備したは良いものの、ホテルをネットで捜すも全く空いていない、1泊3万なんて高い部屋しか引っかかって来ない。福岡周辺のホテルも軒並み満員、日頃格安をうたっているチェーン店もここぞとばかりに高い値段を設定している。都会はどこも宿泊施設が足りないのだろう。

かといって、出張を諦める訳もいかず同行いただいた方にもその旨を伝え、とりあえず車を福岡へ向けた。福岡に着いたのは丁度昼時、相手の会社近くで適当にラーメン屋を捜すと、博多の有名店の支店らしきものがあったのでそこへ行くと、ホテルが取れない理由が良くわかった。店内はラーメン屋にしては結構な広さだが、中は客で既にいっぱい、そのほとんどが外国人観光客。更にすごい事に観光バスが止まって、次々と観光客が入って来る。「ラーメン25杯」みたいな注文が次々入る。テレビで見る「瀑買い」らしき様を鹿屋に要るとほとんど感じる事は無いが福岡では日常なのだろうか?これじゃホテルは取れないはずだ。


一風堂
これが赤○って方、これよりおいしいラーメン鹿屋にあるぞ〜!
 

さて、外国人パワーに圧倒されながらも食事を済ませ、本題の仕事を終え、宿のキャンセルは無いかと幾つか電話をかけるも全然空いてない。ふと、今話題のAIRBNBを思い出し、早速ネットで検索してみると、結構幾つかある。部屋の一室を貸すもの、マンションの一室を丸々貸すタイプなどもある。2人なのでベットが2つ以上、出来れば部屋も2つ有れば申し分無いと検索をかけると、駅前に手頃な物件を見つけ早速リクエスト(リクエストをするために色々承認を足るのに手間取った。)を送る。すると早速メールが届き、鍵の受け渡し場所と時間を決め、現地に赴くとちゃんとオーナーの知り合いと言う方が鍵をちゃんと届けてくれた。
部屋には4つベットが列び、タオルなどの一通りの道具は揃えてある。近くのコンビニで歯ブラシなどを買えば泊まるだけなら十分だろう。ちなみに値段は2人で宿泊費が9865円、清掃費が3946円、AIRBNBのサービス料が1726円、合計15537円だった。宿泊費とサービス料は何人泊まるか、何泊するかで変わり、清掃費は一度だけ請求されるのだと思う。グループ旅行や家族旅行、とくに長期の滞在には使い勝手が良いシステムだ。
日本では旅館業法がありこう言った部屋貸しは法的にはグレーに近い。ただ需要は確実に有るはずで制度的に追いついていないのが現状だろう。ホテル業を営む私が言うべき事ではないかもしれないが、AIRBNBを使う客層とホテルに泊まる客層では違うと思う。実際私も手頃なホテルが空いているのならそちらに泊まるだろう。鍵の受け渡しやサービスの内容からしてやはりホテルの利便性の方が格段に良いのは間違いが無い。オーナーの住んでいる家を間借りする様な事は、外国からの個人旅行者などからは日本の家庭に触れられ喜ばれるだろうし、オーナーも自宅に居ながら世界旅行が出来て楽しそうでもある。

法的な整備が遅れる事は日本では良く有る話だが、ちゃんとしたルールを早めに作らないとミスマッチが起こりそうだとも感じた。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:インターネット
18:48 | foods | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
AIRBNB、利用したことはないのですが、
ホテルが見つからない時の選択肢が増えたのは助かりますね。
2015/12/01 6:07 PM by かんく
個人的にはホテルが空いているならホテルを選択すると思いますが、今回のような事があれば使えると思います。チョット面倒ですが…
2015/12/01 8:49 PM by kobayashi shozo
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック