鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< 白秋祭 | TOP | UNICUBE >>
DETAIL
ドイツのDETAILという雑誌にLakpaHouseが掲載されました。
どういった経緯でドイツの雑誌社の目に留まったのかは疑問ですが、設計した末広夫妻の活躍が認められての事でしょう。雑誌と行ってもハードカバーの立派な物で世界の集合住宅特集という所でしょうか(タイトルはSemi-Detached and Terraced House)

雑誌内ではLakpaHouseでは無くTerraced House in Kanoya と紹介されています。ドイツ紙にも係わらず英語表記なのでどうにか読めるのですが、Kanoyaの文字がドイツの雑誌に載っているだけでも何かうれしくなってきます。
DETAILというだけ有って詳細図があったりとしっかりとした建築の専門書雑誌で他の作品も面白い物ばかりです。集合住宅といえばヨーロッパでは昔からコルビジェやミースといった巨匠の作品もあり、その数も質に置いてもずっと日本の先をいってます。日本のように規格化された同じ様な建物をあちらこちらに建てる事の方が彼らに取っては異様に思えるのかもしれません。わたしが学生の頃は集合住宅を特集する雑誌はほとんど無かったと思います。それまで集合住宅はあくまで資産や不動産価値としてだけ評価されてきたのでしょう。最近のデザイナーズマンションブームで一般紙などでも取り上げられ、建築の専門紙でも特集を組まれるなどやっと集合住宅にも目を向けられ始めましたが、全体の着工数からすればこのようなしっかりと計画された建物の割合はまだまだ少ないように思います。それはオーナーの考えや不動産業界の考え、建設会社の考えなど幾つもクリアーしなければならない問題があり、実現する事はなかなか難しいのが現状です。特に賃貸集合住宅は建築家がデザインした空間に住むという体感を、比較的手軽に多くの人に提供出来る施設ですし、この鹿屋でもしっかり需要は有ります。もちろん鹿児島市内や他の地域でも需要は有るはずです。
私どものホームページでもっと数多く紹介出来るようになって、ホームページ監理担当者が手が回らないほどになればうれしいのですが!

16:45 | 建築 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック