鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< 特別管理産業廃棄物管理責任者 | TOP | 7月焚き火ライブ >>
指定管理者制度
鹿屋市の指定管理者制度の説明会に行ってきた。指定管理者とは市で管理していた施設をその運営ごと民間に委託する制度で鹿屋市では昨年度から始まったばかりの制度です。今回行ってきたのは中央公園と体育館、西原運動場などの4施設と図書館、スポーツ施設と図書館と今の事業とは関わりの少ない業種なのですが実はどちらも昔、小林建設で施行に携わった物件、ただそれだけの理由なのと、大きな利益は望めそうもないしもしかして好き好んで誰も応募をしないかななんて考えてのことでした。ただ予想を反して両方とも約6団体ほどが来ていて、図書館などは東京の業者もおり正直驚きでした。
その東京の業者というのがここ図書館流通センターと言う会社、HPを見ると100以上の図書館を委託や指定管理者として運営をしている。ようは図書館のプロです。こんな会社があった事自体びっくりしたのですが、図書館は他の施設と違って利用者が増えても利用料が入る訳でもなく限られた予算の中でこれだけの施設を管理するメリットが私には理解できませんでしたが、HPを見て何となく見えてきたことがあります。それは鹿屋の図書館でさえ年間の図書の購入予算が数百万円になり大きい図書館になると多分数千万単位になると思えます。図書館を100も管理すればそれだけで十億を超える図書購入費があり、それを自社から購入するだけでその利益を得られる。それもほぼ独占状態!!こんなところにこんなビジネスモデルがあるとは考えもしませんでした。
さて今回の指定管理者に応募するかどうかはもう少しリスクとメリットを考えて決めようと思いますが、もしかしたら来年の4月から私が図書館の館長に成っているかも知れません!?って柄じゃないかな!!

検索タグ
鹿児島 鹿児島県 鹿屋市 鹿屋 社長ブログ 大隅 大隅半島 薩摩 薩摩半島 デザイナーズ デザイン デザイナーズマンション デザインマンション アパート 不動産 ユニキューブ  UNICUBE 賃貸 貸家 グルメ k-work k-work.net ケイワーク ケイワークネット 
23:18 | 鹿屋 | comments(0) | -
コメント
コメントする