鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
<< アクセス数 | TOP | 福岡 >>
共有空間(Shared Space)
興味深い記事を見つけた。以下原文

ドイツ西部の町の自治体が、交通の安全性を高める最良の策として、繁華街の信号や停止標識を取り払うことを決めた。交通事故を減らし、歩行者が歩きやすい環境を実現するため、ボームテの町の中心部では、9月12日から全ての信号・標識をなくす。
交通安全の向上目的で標識を取り払うという考え方は「Shared Space(共有空間)」と呼ばれ、オランダ人の交通専門家ハンス・モンデルマン氏が考案、欧州連合(EU)の支持も得た。ボームテでも、信号などを取り外す費用120万ユーロ(約1億8800万円)の半分をEUが負担する。


交通事故を減らすために標識や信号を減らす。考えても見ない発想でした。オランダでは既にいくつかの自治体では始められており、きっかけとなったオランダ人の道路設計技術者、ハンス・モンデルマン(Hans Monderman)さんの唱える理論によれば、信号や標識がないほうが人々が慎重にになり、危険を回避しようとする心理が働くのだそうです。結果としてこれを採用した自治体での交通事故は減っている様です。


もともと日本はやたらと標識や信号が多い、「脇見運転注意!」なんて看板も有ったりしますが、その看板を見ること自体が脇見運転になってたりして、本質として何のために信号や標識を付けているのかがわからないところがたくさん有る。そもそも日本の場合は事故が起こると信号や規制が増える方でしょうし、その不備を行政の責任として追求する事の多い日本人のメンタリティーでは「Shared Space(共有空間)」は中々受け入れにくい事とおもいます。利権も絡んで来るでしょうし・・・・

でも間違いなく暴走族は居なくなるな、だって破るべき規制が無くなれば追っかけて来る警察も居なくなる訳で、そうすると暴走する意味が無くなる。

検索タグ
鹿児島 鹿児島県 鹿屋市 鹿屋 社長ブログ デザイナーズ デザイン デザイナーズマンション デザインマンション アパート 不動産 ユニキューブ  UNICUBE 賃貸 貸家 グルメ k-work k-work.net ケイワーク ケイワークネット 建築家 設計士 住宅 建築家と創る家 アパート経営 マンション経営 賃貸物件 賃貸経営 
17:47 | 鹿屋 | comments(0) | -
コメント
コメントする