鹿屋・・・社長ブログ・・・

鹿児島県鹿屋市 ホテルこばやし 三光建設 日伸
k-work.net
7月のサイクリング

7月も前半は6回のライドで366.94km、年合計で1,995.92kmもう少しで2千kmです。

 

 

 

7月ライド

 

7月で一番大変だったのが、24日のライド、午前中だけ走ろうと8時頃家を出て、4時間有れば内之浦を廻って来れると判断し、久々に国見トンネルをを目指す。順調に国見トンネンルには着いたが、トンネンル前で写真を撮りながら「やっぱりトンネルは怖いな〜」とか怖じ気づいていたら、左に脇道があり「万滝」と書いてあった。一応スマホで道を調べたら何とかトンネンルの向こうに行けそう。(これが間違いの元、iPhoneの画面が小さくて確認不足)と峠越えを狙ったのが大きな間違いでした。

行けども行けども延々と登り坂、小さい「沢」の様な物は現れるが「滝」が一向に現れない。1時間ぐらい登ったろうか?流石に休憩をしボトルに沢の水を汲み、身体に水をかけていると上から車が通りかかり声をかけてくれた。「上まで行かれるんですか?がんばってください?」「後どのくらいで頂上ですか?」「半分ぐらいです?」え!まだ半分?

一瞬戻ろうか考えたのですが、前回も田代でDNFだし今回はもうちょっとがんばろうと....(これが2回目の間違い)ここから先は滝なんてどうでも良くなりひたすら登り。急な坂は真っ直ぐ登れずジグザグ登り、幸い結構な頻度で沢やら湧き水があるので飲み水には困らない。ふと「万滝」は「万ほどある滝?」と頭をよぎるが、もう頂上しか頭に無い。そしてやっと頂上へ!

さー、内之浦側へ下るぞ!と真っ直ぐ行くとなんと反対側はダート道。流石にロードでは行けない。泣く泣く引き返そうとしたとき突然の大雨。雨宿りする場所もなし、来た道を下るしか無いがこれが怖い。急な坂でちょっとでもスピード出してブレーキ掛けるとすぐにタイヤがロックして滑り出す。時速10kmも出せない。手が小さいので上ハンドルだとブレーキが掛けづらく、握力がすぐに無くなる。下ハンだと前傾がキツすぎて尚更怖い。右手は上ハン、左手は下ハンとか工夫しながらやっとこさ帰り着きました。下りを早く走るのは怖いけど、ゆっくりは下るのがこんなに怖いとは。。

身体はグチョ濡れ、自転車は泥だらけ、ついでにガーミンが結露(保証の対象でした。)後でデーター見たら50kmの距離で最高高度は730m、ほぼ700mを登りっぱなし、トンネルの所から1時間30分かかってました。

 

 

国見山頂

国見の一番上、登り切ってもまだ先が有りそうで感動も無い。右側にダートな下り!

 

 

国見山

何がビックリって、STRAVAに国見山ヒルクライムってコース設定してあった。

6.6km平均8%の勾配だそうです。トップの方は43分で登ってる。

 

 

と、つらそうな話ばかりだと(本人的にはそれでも楽しいのですが。。)一緒に走ってくれる人が減りそうなので楽しそうなライドも。

 

NIPPOな人

NIPPOな人になったり

派手だけど目立つ分安全

 

 

bleuな人

BLEUな人、ちょっと大きかった。

 

 

 

まるちょん

ラーメンライドも2回、

マルチョンラーメンに

 

 

金ちゃんラーメン

金ちゃんラーメン

 

 

 

味噌饅頭

最近のヒット 高須町の冨士屋の味噌饅頭

これ最高!!

 

 

日本一たい焼き

志布志の日本一たい焼き

炭水化物に糖分、タンパク質まで補給食には最強かな!

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

JUGEMテーマ:趣味

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:車/バイク

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日記・一般

14:51 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
伊豆ベロドーム

自転車に乗ってなかったら、絶対行かなかったであろう場所に行って来ました。伊豆のベロドームです。7月に有った国際大会を観に行きました。

国内にある唯一国際規格のレースが出来るのが、静岡県にある伊豆ベロドーム。国内に沢山ある競輪場とは違い国際大会は「①屋内、②250m ③木製走路」が条件らしく、それを満たすのが国内では唯一この施設のようです。

自転車競技でも日本はガラパゴス化して、これだけ競輪場は有っても国際大会で勝てなくなっているのかな?

 

伊豆のベロドームまでは自家用車、飛行機、新幹線、レンタカーと乗り継いで7時間かけて到着、東京オリンピックのトラック競技の会場にもなってますが、結構な田舎です。何故こんな田舎にとも思いましたが、その辺りはネットで調べてください。

 

さてお目当てのベロドーム(自転車専用屋内競技場)はドームと言われる割りには小ぢんまりしている。形は野球のドーム球場などに似た様に円形の平面にお椀を乗っけた様な形だが、比べれば随分小さい。公式の屋内プール会場くらいの規模だろうか?

ただ内部は随分違う。真ん中にシベリアマツのコースが建物いっぱいに設置され、中央部はサイクルサッカーのコート(レース中は選手控え)があり、円形の平面に楕円のコースを置くので自ずと隙間が観客席になる。圧巻はやっぱり木製のコース、うねる様なコースは、その美しさとは裏腹にコーナー部のバンクは、素人目には自転車で走る為の物にはありえない45°の角度を持ち、壁の様である。そして250mと競輪場よりも小さいコースは、どこに居てもレースが見渡せるようなっており、近代的でお客に見せる事が最大限に考えられた設計をされていた。

 

 

 

ベロドーム

 

 

さてレースの方は結局ほぼ2日間ずっと見ていた。正直トラックレースに詳しくも無く、退屈しないかと危惧していたが、そんな事は無く純粋に楽しい。個人戦やチーム戦、タイムトライアルの様な時間を競う物やKEIRINのような先着を競うもの、一人で走ったり大勢で走ったり、駆け引きも有ったりとバラエティーに富んでどれも面白い。コースと観客席の間には手すりだけでフェンスやガラスもないうえ、コースの外側を走る事も良く有るので、迫力がある。ヨーロッパで人気があるスポーツだとゆうのもよく理解出来る。

選手の紹介やルールの説明などもう少し演出をすれば立派なエンターテーメントだ。

 

 

 

レース

女子でもこの迫力!

 

 

上野みなみ塚越さくら

CIEL BLEUの2人も大活躍

 

 

後驚いた事が2つ、1つ目は鹿屋体育大学関係者の多い事、正直鹿屋体育大学が無いとレース自体成り立たないのではと感じる種目もある。コース中央部の選手が控えるスペースも鹿屋体育大学が1/4ほどしめている。流石にこれほどとは思わなかった。

2つめはその控えスペースで選手たちが延々と3本ローラーに載っている事。素人目にはそれだけで疲れそうですが、身体をひやさない様にだそうです。いかに自転車が過酷なスポーツかわかった。みんなスーパーマンだ。

 

 

上野みなみ

笑顔のみなみさんだが、3本ローラーの上

 

JUGEMテーマ:趣味

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:車/バイク

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:スポーツ

 

18:50 | チャリ | comments(2) | trackbacks(0)
6月のサイクリング

6月のサイクリング、予想通り梅雨で週末は雨続き、長距離は前半に1回走れただけ、後は早朝ライド。

 

計4回走ってディスタンス208.5kmしか走れなかった。 クライミングはあまりにも誤差があるので記録するのをやめます。

年間で丁度30回のライドで約1,710km

 

 

 

チャリ

朝練の定番 柏原の橋にて

 

 

 

 

ジオライド南 ジャンボもち椿チャンポン

霧島を走る予定が雨を避け錦江湾ライドに急遽変更

隼人を出発し錦江湾の北側を一周するルート、約90kmでずっと桜島を見ながら走れるオススメコース。

食べ物も充実、ジャンボ餅に桜島の椿チャンポン

沿線には名店が沢山有ります。

 

 

 

早朝練習の時、自販機で飲み物を買っていると年老いた店主が声をかけて来た。たわいもない話の後「権現山は登ったかい?眺めがいいぞ!」と挑戦状も叩き付けられた。よーし!登ってやろうジャンと言われた道にやって来て、10分で後悔。道は滑るし、何時までも坂が続く。やっと登り終えたら、そこから山頂の神社までは徒歩。でも確かに眺めがいいが写真撮り忘れた!と言う訳でもう一度登って来ます。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:車/バイク

11:18 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
5月のサイクリング
5月も4階走ってディスタンスは341km、3964mのクライミング。今年に入って26回のライドで1,502km。
ゴールデンウィークも有って月始めはいい調子で乗れましたが、月末に向かって尻すぼみ。そろそろ朝練始めるかな?


ユナイテッドの応援にido
鹿児島ユナイテッドの応援にido!2
ユナイテッドの応援に自転車で行くのは2回目、今回は2人で走った。
どんどん仲間を増やして行こう!!


ユナイテッドの応援にido
自転車で行った日は2戦2勝!ゴールの瞬間桜島も火を噴いた!
タイミングが解ってるね!!


ユナイテッドの応援にido
お昼はふくまんのラーメン!安定の美味さ!!


田代ヒルクライム
錦江町で行われた県内で最大のヒルクライムレース「照葉樹の森サイクルジャンボリー」のコースの下見
本番は出れないので試しに登って来ましたが、暑さにやられDNF
でも途中いつもの水源地で顔洗って水汲んで・・・・


田代ヒルクライム
前日の残りのタケノコご飯のおにぎり!
美味すぎる!自転車に乗ると3割増に美味い!



田代ヒルクライム
お昼は花瀬のクラシックぶどう浜田農園で塩焼きとそうめん!
うまい!!


クラシックぶどう濱田農園
15%前後の坂が永遠と続く、ここまで来たけど熱中症になりそうだったのでDNF(言い訳!)
来年は出場するぞ!!


錦江町サイクルジャンボリー
途中で見付けたヤンマー、良いお顔!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:車/バイク
16:14 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
4月のサイクリング
4月のサイクリングのまとめ

4月は4回乗ってトータル228kmのライド、獲得高度2810m、年間トータルが1170km、う〜ん月間300kmは難しい。やっぱりローラー買おうかな?


 
マインドロード末吉
末吉マインドロード、岩川線の後を自転車と歩行者の専用道路として整備してある
桜や菜の花が美しいサイクルロード、岩川から都城まで約30kmここはオススメです。
ただ残念なのは車止めが結構邪魔、鹿屋もそうですがバイクが入ってしまうのでしょうか?



都城三股の住宅
以前作った都城三股に在る住宅に打合せに、わがまま行って帰りは車



石蔵尋ねて
いつもの河川敷ライドのとき見つけた石蔵、売りに出てます。


川上森の食堂
肝付町の川上〜岸良〜内之浦ライドの途中に寄った森の食堂


森の食堂焼き肉ランチ
焼き肉定食480円
とれたての野菜にタケノコ、地元の山菜の和え物など付いて480円
店主曰く、タケノコも山菜も幾らでも採れるから。。
なんと言う贅沢!


川上ライド湧き水
ボトルのミネラルウォーターを捨てて湧き水に入れ替え顔を洗う。
このルートに限らず大隅の山間部を走るといたる所にこうゆう場所を見つける。
コンビニは無いが飲み水には困らない。


川上のトンネンル
山頂のトンネル、この日のライド83kmで獲得高度1600m。
この日は坂よりこの後の向かい風にやられた!

JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:写真
11:17 | チャリ | comments(2) | trackbacks(0)
グレートアース宮崎ライド
宮崎で行われたサイクルイベントに参加して来た。サイクルイベントに参加するのはおおゴケしたツールドおおすみ以来、さらに今回は125km(ツールドおおすみは110km)
万全を期して前月には仲間と100kmほど宮崎を試走、最大10%程の登りについこんな物を買ってしまった。


 
12-27
12-27のスプロケット

簡単に言えば軽いギアが一枚増えた。この間、鹿屋体育大出身の現在NIPPO VINI FANTINIでメカニックしている福井響君と話した時「ウチの選手も27付けるよ・・」の一言で即決です。

さて今回は鹿屋や最近よく一緒に乗る5名で参加、現地で偶然会えた福岡の吉原さんを加え、心配していた天気も良く絶好のサイクリング日和。前半は宮崎の美しい海岸線を南下し、鵜戸神宮や飫肥の城下町といった観光地を巡る、とろける様なライド。後半は一気に500mを登り、その後もアップダウンの続く厳しいライドと二面性を持つコースは走り後絶え十分。
新調したスプロケのおかげでどうにか登りも克服、楽しい一日でした。


朝6時30分と早朝スタートと、その分時間に余裕が有って、私の様な弱脚な初心者には有り難い大会のはずが、最後にまさかの罰ゲームが・・・そう、この大会、指定時間までに2カ所の指定されたエイドを通過しないと足切りに成ってしまうのですが、この時間足切りに間に合っても、順位が遅いと最後のエイドのぜんざいが食べられないと言う、罰ゲームの様な「ぜんざい足切り」が、更にゴールが遅いとゴール後の地鶏が食べられない「地鶏足切り」が有ったのです。

来年の目標!「ぜんざいを食う!」


 
宮崎ライド
何はともあれみんなでゴール出来ました。
 


 
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:旅行
17:32 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
LA CIEL BLEU DE KANOYA
久々にワクワクする話です。鹿屋に新しくプロの自転車チームが誕生しました。名前は「鹿屋の青い空」フランス語で「LA CIEL BLEU DE KANOYA」そして所属選手は「上野みなみ選手」と「塚崎さくら選手」の2人のオリンピック候補、日本を代表する女子アスリートだ。2人ともこの春で鹿屋体育大学を卒業する予定だが、ここ鹿屋に残りリオオリンピックを目指す事になります。

私も自転車に乗り始めて半年ほどたち、乗ってみるとこの大隅の地が如何に自転車競技に向いているかが解ります。河川敷のコースは平坦で往復40km、ほぼ自転車専用と言ってよいほどの初心者でも安心して走れるコース(向かい風が吹くと地獄ですが・・・)、海岸線は眺めが良く、適度にアップダウンも有り飽きないコース(私には十分キツいですが・・・)、ヒルクライムが好きならレースが出来そうな峠は数しれず。(高峠を走った時は死にそうでしたが・・・)温暖な気候でほぼ一年中走れ、なによりどのコースも自動車が少なく、体育大学の自転車部を見慣れているせいかドライバーが自転車にやさしく走り安い。たまに鹿児島市内や霧島当たりを走るとつくづく思います。

そんな鹿屋の地にプロのチームが出来る事はある意味必然なのかもしれませんが、よほどの覚悟と情熱が無いと出来ない思います。メージャーになりつつ有る自転車競技とはいえ、もともと観戦料が取れないスポーツ、大会やチームの運営すべに渡りスポンサーが無いと成り立たないスポーツですし、鹿屋と言う小さな町で闘って行くのは大変だと思いますががんばってもらいたい物です。
先ずは私も個人サポータから始めます。


 
LA CIEL BLEU DE KANOYA
左がさくら、右がみなみ
2人とも太股の筋肉が美しい!

自転車はキャノンデールのサポート、
supersix evo hi-mod team 140万円、7kgの自転車だそうです。


 
LA CIEL BLEU DE KANOYA
会員ナンバー7をゲット!

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:スポーツ
JUGEMテーマ:地域/ローカル
17:30 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
こうしてコケた!ツール・ド・おおすみ
「自分のペースで安全運転」あんだけ言ってたのに、つい熱くなってしまうのは人の性でしょうか?最初の軽い登り坂で前を行くスタッフジャージを追っかけてみたり。知り合いや女性ライダーには負けたくないし。雨降って路面濡れてんのに飛ばしてみたり。
完全なオーバーペースで大隅中央道の昇りで既にいっぱいいっぱいに、それに加え天候が回復し着ていたアウトドア用のカッパが蒸れ脱いだは良いものの、小さくまとめるのに手間を取り、たたんだらまた雨が降って今度は着るのにて間取りと、仲間からどんどん遅れを取って、雨の中焦ってスピード出して追っかけて、ちょっとふらついた拍子にアスファルトと側溝の蓋との間にタイヤがハマって、初の大ゴケ。今まで立ちゴケも一度もしなかったのに、やっぱ無理したりするとこうなるのだと深く反省するのでした。
幸い身体は擦り傷程度でしたが、後ろのディレイラーを削って調整が狂い、幾つかのギアが使えない中、どうにかお昼の佐多まで到着、メカニックに処置をしてもらいやっと完走することができた。

と、いっぱいいっぱいの初エントリーでしたが、本当に楽しかった。平場を走っている時の爽快感、キツい坂を上り切った達成感は他のスポーツではなかなか味わえない。マラソンや登山とは又違う、私みたいな弱脚な人間でもロードバイクは魔法がかかった様に前へ進み、時間をかければたぶん誰でも100kmぐらいは走れてしまう。エントリー前完走出来るか心配している私に「自転車が連れてってくれますよ!」と超えかけてくれた人の言葉はあながちウソではなかった。コケて嫌いになるどころか、もう次どこのイベントに参加しようか物色を始めている。
 
ツールドおおすみ
給水ポイントでいただける、黒糖を使った伝統菓子「ゲタンハ」がこんなに美味い物とは、
自転車の携帯食には最強かもしれない。
昔の人は肉体労働をして食べていたのだろうとつくづく思う。


ツールドおおすみ
みんなで完走!自分一人じゃ完走出来なかった!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:スポーツ
JUGEMテーマ:車/バイク
JUGEMテーマ:日記・一般
11:44 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
燃費
ジュリエッタの燃費は市街地で10km/lそこそこ、高速行っても12、3km/lていどでしょうか?新しいボルボV60は思ったほど燃費が伸びない、こちらも10km/lそこそこ、燃費が良ければ100点なのにね!
さて、ロードバイクを買って約一ヶ月が過ぎた、この一月で約500kmほど乗ってすっかりチャリダーの仲間入、ある日曜日、目的も無く嫁に「帰れなくなったら電話するから迎え来て!」と無謀なお願いだけして家を出た。

ウチの目の前にあるコンビニでとりあえずの朝食と水一本を買って、とりあえず国道269を北へ。30kmほど走って飲み物が無くなったのでコンビニよっておにぎりと携帯食を購入。
10kmほど先のコンビニでゴミを捨てとトイレ、昼食はお目当てのラーメン屋、昼食を済ませ隣のコンビニで携帯食とスポーツドリンクを購入。
国道10号に入り西に向かい国道504号の交差点にあるコンビニで飲み物とおやつを購入。そのまま鹿屋方面に504号を南下、途中のコンビニでトイレ休憩してやっとの思いで自宅に帰って来たのは日が暮れる寸前、約8時間、距離にして102kmのサイクリングだった。

とよくよく考えると約100km走る間に6カ所コンビニ寄ってる。約20kmごとに寄ってる計算だ。その度に飲み物やら食べ物やら買っている。あれ!これってもしかしたら車より燃費悪いじゃないだろうか?だってジュリエッタでさえ10km/lと考えると、20km走るのにガソリン2Lあれば済む、燃費の良い国産車なら1L有れば十分、ガソリン1Lが150円とすると、20km走るのに車なら150円〜300円で走れるが、俺コンビニ寄る度に飲み物やらおやつやら300円以上使ってんじゃん!プリウスに負けてんじゃん俺!

みなさん!自転車って燃費悪いです。(俺だけか!)


 
輝北の景色
こんな景色が見れるからまあいいか!


JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:スポーツ
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:車/バイク
18:31 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)
ロードバイク
ちょっとブログをサボってました。書かなかったと言うより写真を撮ってなかった。と言う方が正しい。生来の飽きっぽく多趣味な性格がうずきだし、自転車を買ってしまたのだ。そのせいでカメラを触る時間が減ってしまった。いやカメラはまだ良い。ゴルフクラブなんぞこの1ヶ月触っても居ない。

そもそも友人が乗ってるロードバイクに乗せてもらったのが間違いだった。カメラのレンズと一緒で「知らなきゃ良かった。」世界が自転車にも有った。もともと自転車は嫌いな方でもなく、二十数年前始めてもらったボーナスでMTBを今でも乗っている。それで地元で開催される「ツールドおおすみ」にも参加したことがある。でもこの夏の始め、友人のロードバイクに乗せてもらって知らない世界の扉を開けてしまったのです。

年代物のMTBでは四苦八苦していた登り坂をいとも簡単に登ってくれる。何せ軽くてカッコいい。それから秋のツールドおおすみに向け3ヶ月ほどゆっくり悩んだ末(暑い夏から始めるのは危険だし・・)紆余曲折のがあって中古のロードバイクに巡り会ったのです。
新車も色々考えたのですが、こうゆうのは何かのきっかけが必要だし、何せミーハーに「オールカンパ」に負けてしまいました。


ウィリエール
Wilier Izord 2010 Campagnolo Chorus


自転車が届いたのが8月末、それを地元の自転車で整備して乗れる様にするまで1週間、それから毎週末はチャリダーとなって走り回っています。結構これが楽しい。自分が思っても見なかった所まで自転車で行ける事が楽しくて・・
 
ウィリエール2010
もちろんこんなにサドルは高くして乗れません。



カンパ
カンパのブレーキ!


不思議と全景がキツい割には腰への負担が少ない様に感じる。ゴルフよりはずっと良いかも。。
無謀にもツールドおおすみの110kmコースにエントリーしてしまったので、それまでには身体を慣らしておかなくては!!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:車/バイク
JUGEMテーマ:スポーツ
11:17 | チャリ | comments(0) | trackbacks(0)